物販初心者が取り組むべきビジネスは輸出ビジネス?輸入ビジネス?

物販ビジネス初心者が取り組むべきビジネスは、
輸出ビジネスか?輸入ビジネスか?

初心者の方から非常に多くの問い合わせをいただくのですが、
結論から言えばどちらでもよいです。

ただし、人によって向き不向きがあるので、
少し輸出ビジネスと輸入ビジネスについて解説していきましょう。

輸出物販ビジネスの特徴

輸出物販ビジネスでは、文字通り日本国内の商品を
海外に向けて販売します。

販売先プラットフォームは、Amazon.comやeBayなどが一般的ですね。
また、海外向けネットショップを構築している方も居ますが、
こちらについては、ちょっと難易度が高いです。

Amazon.comでは有在庫の場合と無在庫の両方があります。
割合で言うと、日本人セラーの場合は
無在庫で実践している方が圧倒的に多いです。

無在庫の場合はAmazon.co.jpの商品を出品するのが、
一番簡単で手っ取り早いです。
しかし、ツールも豊富ですし、誰でも簡単に参入できますので、
価格競争が起きやすいという欠点が有ります。

eBayについては、新規で取得したアカウントには、
1ヶ月につき$500もしくは10個までの出品制限が最初に有ります。
ここが参入障壁となるので、価格競争はAmazonに比べて起きにくいです。
しかし、この出品制限を徐々に撤廃していくという、
根気のいる作業が必要になります。

輸入物販ビジネスの特徴

輸入物販ビジネスでは、絵画から商品を仕入れて、
日本国内で販売いたします。

仕入先は輸出ビジネスでも用いる、
Amazon.comやeBayなどが最も取り組みやすいです。

また、中国から安価な商品を仕入れする、
中国輸入ビジネスもあります。
こちらはメインの販売先はAmazon.co.jpが一般的です。

輸入ビジネスの場合は、販売先が日本国内ですので、
顧客対応などが全て日本語で済むというメリットが有ります。

仕入れについては、英語が必要ですが、
商品を購入するだけですので、英語力は全く必要ありません。

輸入ビジネスの方が取り組みやすい?

物販ビジネスで一番手離れしにくいところというのは、
商品リサーチと、顧客対応の2つになります。

顧客対応については、やはり英語に馴染みのない人にとっては、
日本語で出来たほうが初心者にとっては、
取り組みやすいといえるでしょう。

反面、輸出ビジネスについては、英語が出来てしまえば、
そこまで難しくなく、また可能性もかなり大きいので、
英語に抵抗が無い方は輸出ビジネスから始めるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る