無在庫物販ビジネスで最高どのくらい稼げるのか

無在庫物販ビジネスは在庫リスクがないという意味では、
物販ビジネスの中でもかなり取り組みやすい部類に入ると思います。

それでは、無在庫物販ではたしてどのくらい稼げるのでしょうか?

出品数に比例して稼げるようになる

無在庫物販ビジネスでは、原則として商品を出品した数に比例して、
売り上げが伸びていきます。

ですので、出品すればするほど稼げると言って良いでしょう。
しかしながら、出品個数が増えていき、
売上が増加するにしたがって、作業量も増えていきます。

これは、出品作業の他にも、
在庫管理の作業ですとか、売れたあとの仕入れから発送までの
一連の流れも含めてです。

発送作業などは外注に任せることが容易ですので、
この部分に関してはさほど気にしなくても良いでしょう。

問題は、出品した商品の管理にかかる手間です。

出品数が増えてくると管理しきれない?

無在庫物販ビジネスでは、
商品を出品した後も、その商品がキチンと
仕入れ可能な状態かどうかというのを、
逐一チェックしていかなければなりません。

そして、そのチェックにかかる手間は、
当然ながら出品数が増えていくにしたがって、
手間も増えていくことになります。

そうすると、出品数に比例して稼げるビジネスといえども、
出品して管理できる個数には限界があるということになります。

現実的には月収200万円くらいが限界?

私の周りの例でいきますと、
個人レベルで外注さんを駆使して、
月収200万円以上稼いでいる方がいます。
その方は、毎日出品と在庫管理は徹底して作業しているそうです。
出品個数にしておよそ30万件ほどだそうです。

それ以上の出品はできそうですか?と
聞いてみると、ちょっと厳しいです。とのことでした。

やはり無在庫物販の場合は、月収で200万円前後に
大きな壁が存在するようです。

しかしながら、月収200万円というのは、
個人レベルでは十分な収入ですし、
そこから更に収益を伸ばしたければ、
組織化をすすめていけば、更に収益は伸びていきます。

また、無在庫で月収200万円稼げたのであれば、
そこから有在庫も含めていけば、
更に利益を伸ばすことも可能です。

このように、無在庫から始める物販ビジネスでは、
無限の可能性が広がっているわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る